明治維新と京都
公家社会の解体
〈臨川選書14〉

小林丈広著

四六判・並製・紙カバー装・224ページ
本体2,300円+税
 ISBN978-4-653-03497-1

明治維新によって、千年以上続いた「都」としての地位から一転して「一都市」へと転落した京都は、旧来からのあらゆる特権の剥奪や身分集団の解体に直面する。「公家社会」「官家士族」といった世界に焦点をあて、いわば無名の人物たちが、この時代いかに行動したかを通して、都市復興を目指した当時の京都の実像に迫る。

【目次】
序章 禁門の変とどんどん焼け
第1章 幕末の政変と公家社会
  1)京都の尊王攘夷運動
  2)王政復古と東京遷都
  3)ある地下官人の明治維新
第2章 近代化をめぐる葛藤
  1)京都博覧会の意義
  2)官家士族の救済
  3)保勝会と文化財保護
第3章 「京都」の再構築
  1)疎水と博覧会
  2)京都の統合と歴史の編纂
おわりに
あとがき
関係年表
参考文献
主要人物索引

●著者
小林丈広(こばやし・たけひろ)
同志社大学文学部教授

↑こちらから各種オンライン書店にてご注文いただけます。

 

出版物・新刊案内へ

臨川書店ホームページへ

e-mail: kyoto@rinsen.com