中世禅籍叢刊 全12巻
第11巻 聖一派 続

中世禅籍叢刊編集委員会 編 【呈内容見本】
(編集委員)阿部泰郎・石井修道
末木文美士・高橋秀榮・道津綾乃

菊判上製・函入・総672ページ
定価
25,000円+税 ISBN978-4-653-04181-8

〈編集責任〉末木文美士・阿部泰郎

真福寺と称名寺に所蔵される禅籍を中核として、その他の寺院・文庫などに現存する貴重写本を併せて収録、影印・翻刻に解説を付し掲載する。従来の常識の枠を超えて、中世禅にまったく新たな光を当てる。
(第11巻)
禅密融合の到達点である安養寺流、その教学の実態に迫る。

【内容】
菩提心論随文正決(真福寺)
大日経疏住心品聞書(真福寺)
安養寺流印信(真福寺)

【執筆者】
阿部泰郎(名古屋大学教授)
伊藤聡(茨城大学教授)
亀山髟F(龍谷大学講師)
菊地大樹(東京大学史料編纂所准教授)
末木文美士(国際日本文化研究センター名誉教授)
高柳さつき(中村元東方研究所研究員)
三好俊徳(名古屋大学研究員)
米田真理子(神戸学院大学准教授)
和田有希子(早稲田大学日本宗教文化研究所招聘研究員)

↑こちらから各種オンライン書店にてご注文いただけます。

「中世禅籍叢刊」全巻紹介ページ

臨川書店ホームページ

e-mail: kyoto@rinsen.com