日記から読む摂関政治

日記で読む日本史 5

古瀬奈津子・東海林亜矢子著
四六判・上製・紙カバー装・帯付・228頁
本体3,200円+税

ISBN978-4-653-04345-4


后妃らの後宮の視点と天皇・男性貴族らの視点の両方から立体的にみえてくる、摂関政治の姿とは? 摂関体制の道筋を確立した藤原忠平・穏子の時代に始まり、最盛期の道長の時代、そしてその後の終末期まで。『貞信公記』『九暦』『小右記』『御堂関白記』などの日記の読解を通して、摂関政治の構造とその変遷の実態に迫る。

<目次>
第一章 後宮から見た摂関政治(東海林亜矢子)
  はじめに── 摂関政治における后妃とは
  第一節 藤原穏子と摂関政治の復活
  第二節 藤原詮子と摂関全盛期のはじまり
  第三節 道長の後宮政策
  おわりに
第二章 天皇・貴族から見た摂関政治(古瀬奈津子)
  はじめに
  第一節 摂関期の天皇・『権記』からみた一条天皇
  第二節 藤原道長と摂関政治
  第三節 藤原実資と摂関政治
  おわりに

●著者   ※所属は2020年刊行時のものです
古瀬奈津子(ふるせ なつこ)
お茶の水女子大名誉教授。
主著:『摂関政治』岩波新書(日本古代史⑥)2011年など。

東海林亜矢子(しょうじ あやこ)
慶応大・日本女子大非常勤講師。
主著:『平安時代の后と王権』吉川弘文館、2018年など。

「日記で読む日本史」全巻紹介ページ

臨川書店ホームページへ

e-mail: kyoto@rinsen.com