皇位継承の記録と文学
『栄花物語』の謎を考える

日記で読む日本史 8

中村康夫著
四六判・上製・紙カバー装・帯付・192頁
本体2,800円+税

ISBN978-4-653-04348-5


壬申の乱から『栄花物語』の時代まで。皇位継承に関わる事件はどのように意識されてきたのか。横断的に文献を読み解き、その謎に迫る!

<目次>
はじめに
第一章 歴史を書くということ
 一、国史/二、物語/三、歴史的展開ということ/四、歴史的類推とは
 五、帝の意向が皇位継承の原則を変える/六、周辺の情報
 七、高市皇子のこと/八、皇位継承問題の会議/九、大津皇子のこと
第二章 重畳する皇位継承問題
 一、有間皇子の事件前史/二、有間皇子の謀反について/三、建王の話
 四、皇位継承問題の多様化/五、道鏡のこと/六、光仁天皇の即位
 七、桓武天皇の即位/八、氷上川継の乱/九、伊予親王の変
 十、皇太子問題ではない皇位継承問題/十一、『伊勢物語』の世界とは
 十二、藤原高子のこと/十三、菅原道真のこと
第三章 『栄花物語』の謎
 一、栄花物語の事実/二、後宮が抱える歴史的状況
 三、秩序はどう形成されるか/四、『栄花物語』の記事に沿って
 五、皇位継承のさまざまな論理
 六、広平親王は憲平親王よりどれくらい先に生まれたか
 七、為平親王の婚姻/八、村上天皇の退位志向/九、安和の変へ急転回
 十、安和の変って何?/十一、『蜻蛉日記』の安和の変
 十二、罪はあって悪人なし/十三、左遷事件と皇位継承問題
 十四、事実とはどういうものか
結びに代えて
関連資料紹介 伴大納言絵詞/北野天神縁起絵巻
あとがき

●著者   ※所属は2017年刊行時のものです
中村康夫(なかむら やすお)
国文学研究資料館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。専門は日本文学。主著:『栄花物語の基層』風間書房、2002年。『歴史物語(栄花物語・大鏡・今鏡・水鏡・増鏡)CD-ROM』(監修)岩波書店、2003年。『日本古代文学人名索引(電子版)』和泉書院、2008年。

↑こちらから各種オンライン書店にてご注文いただけます。

「日記で読む日本史」全巻紹介ページ

臨川書店ホームページへ

e-mail: kyoto@rinsen.com