王朝貴族の葬送儀礼と仏事

日記で読む日本史 10

上野勝之著
四六判・上製・紙カバー装・帯付・292頁
本体3,000円+税

ISBN978-4-653-04350-8


古代から中世へ――弔い、祈りの儀礼と人びとの意識はどのように変遷してきたのか。仏教との関わりを軸に、その展開をたどる。

<目次>
序 章
第一章 平安貴族の葬送儀礼と仏事
 葬送・追善・追悼/葬法の種類/葬送儀礼の次第書/『略儀』の葬送儀礼
 仏教と葬礼/臨終作法と装束替え/模様替え/葬送定め/入棺
 死に装束と仏具/『作法集』の習俗/アマガツ/御膳と手水/棺の絡げ方
 荼毘所の構造/素服と当色/出棺/葬列/黄幡と呪願/荼毘と埋葬
 拾骨と火葬塚/帰路/遺骨の安置/墓/魂殿
第二章 モガリから葬喪へ
 『魏志倭人伝』と『隋書』/ヨミの国伝承/喪屋の諸儀礼/匍匐・発哭儀礼
 喪屋の遺体/殯宮の設営/シノビゴト/遊部と歌垣/殯庭儀礼
 モガリ習俗と秘儀説/薄葬令/令の葬送/葬送の実態/服喪の導入
 モガリの影
第三章 仏事の導入と一向僧の沙汰
 問題の整理/葬送仏事と僧/真言僧の著作/導師・呪願作法の内容
 葬地を取る作法/曳覆い/曳覆いの由来/葬送次第/黄幡と中国の葬送
 黄幡の起源/呪願・導師/忌魂帰日/仏事儀礼の導入時期
 初期の追善仏事  天武・聖武の葬儀と仏教/中世天皇の葬礼
 僧の関与と俗人の役/ 一向沙汰と遺族の役割/遺族と葬送行事
 中級官人の葬送行事/ 僧の葬送行事と一向沙汰の普及
終 章
参考文献

●著者   ※所属は2017年刊行時のものです
上野勝之(うえの かつゆき)
奈良大学非常勤講師。専門は日本古代・中世文化史。主著:『夢とモノノケの精神史』京都大学学術出版会、2013年。

「日記で読む日本史」全巻紹介ページ

臨川書店ホームページへ

e-mail: kyoto@rinsen.com