琉球王国那覇役人の日記
福地家日記史料群

日記で読む日本史17

下郡 剛著
四六判・上製・紙カバー装・帯付・216頁
本体3,000円+税

ISBN978-4-653-04357-7


近世琉球王家に仕えた福地家。そこに伝来する日記史料を読み解き、
公と私のはざまに生きた役人たちの姿を明らかにする。

<目次>
序章 福地家日記史料群の概要
一章 御物城高里親雲上唯紀日記
二章 那覇筆者日記
三章 福地家日記
四章 台湾大学所蔵『異国日記』と福地家所蔵『御物城高里親雲上唯紀日記』
五章 福地家日記史料群の性格
参考文献

●著者   ※所属は2017年刊行時のものです
下郡 剛(しもごおり たけし)
沖縄工業高等専門学校准教授。専門は琉球近世史・日本中世史。主著:『後白河院政の研究』吉川弘文館、2013年。

「日記で読む日本史」全巻紹介ページ

臨川書店ホームページへ

e-mail: kyoto@rinsen.com