ヒンドゥークシュ南北
歴史考古学樷攷
全4巻
第Ⅱ巻 新興バーミヤーンの時代

桑山正進 著 【呈内容見本】

B5判上製・函入・約510ページ
税込16,500円(本体15,000円+税)
 ISBN978-4-653-04592-2

 ヒンドゥークシュ山脈南北地方、そこは大文明の地ではない。しかし、ここを押さえる政治勢力は、中央アジアばかりか東アジアまで及び、歴史の経過は大きく影響を被った。この地域は、アジアの歴史の鍵鑰である――考古学調査と文献精読の成果(すべて未単行の論考)を結集し、全4巻に編む。
 第二回配本第Ⅱ巻は「新興バーミヤーンの時代」。ガンダーラ西方、アフガニスタン東部に関する17本の論考を収録。付索引。




「ヒンドゥークシュ南北歴史考古学樷攷」全巻紹介ページ

出版物・新刊案内へ

臨川書店ホームページへ