病悩と治療
王朝貴族の実相

 

王朝時代の実像3

瀬戸まゆみ著

四六判・上製・240頁
税込3,630円(本体3,300円+税)
 ISBN978-4-653-04703-2【2022年1月刊】

― 澤田瞳子氏・古瀬奈津子氏・井上章一氏推薦 好評シリーズ ―
 科学と呪術・宗教のあいだで、当時の医療はいかに行われていたのか。文学作品と古記録の記述を比較・分析し、医師による投薬や外的処置などの物質的な治療と、密教僧や陰陽師による宗教的な施術とが両立していた、王朝貴族たちの医療文化の実態に迫る。

<主な目次>
第一章 王朝貴族の投薬と外的治療
 第一節 王朝貴族の投薬
  Ⅰ.医師の処方
  Ⅱ.陰陽師の診断
  Ⅲ.薬の効能
  Ⅳ.薬の使用実態
 第二節 王朝貴族の外的治療
  Ⅰ.治療を施した者
  Ⅱ.複数の治療提案
  Ⅲ.治療に使用された薬
  Ⅳ.治療の種類
第二章 王朝貴族の病悩 ~文学作品と古記録の比較~
  Ⅰ.風病
  Ⅱ.寸白
  Ⅲ.飲水病
  Ⅳ.もののけ
  Ⅴ.二禁
  Ⅵ.晄腫
  Ⅶ.瘧病
  Ⅷ.霍乱
  Ⅸ.腹病
  Ⅹ.胸病
第三章 王朝貴族の宗教的治療
   第一節 加持祈祷と修法
  Ⅰ.古記録に記された僧の役割
  Ⅱ.古記録に記された記述の多い僧
 第二節 陰陽師の施術
  Ⅰ.古記録にみえる陰陽師
  Ⅱ.疾病に関わる陰陽師
  Ⅲ.陰陽師の診断
  Ⅳ.複数の陰陽師
  Ⅴ.鬼気祭
 第三節 王朝貴族の宗教的治療
  Ⅰ.治療における仏教の役割
  Ⅱ.貴族の治療判断
おわりに/註/主要参考文献/巻末付図/あとがき

●著者   ※所属は2022年刊行時のものです
瀬戸まゆみ(せと まゆみ)
国際日本文化研究センター研究補助員。駒沢女子大学人文学部日本文化学科卒業。駒沢女子大学大学院人文科学研究科仏教文化専攻修士課程修了。群馬県藤岡市教育委員会文化財保護課嘱託職員を経て、現在埼玉県内の大学図書館に勤務。

出版物・新刊案内へ

臨川書店ホームページへ

「王朝時代の実像」全巻紹介ページ

ご注文はこちらから