総合地球環境学研究所「農業が環境を破壊するとき」プロジェクトの成果を中心に、
ユーラシアの1万年におよぶ農耕文化と環境の変化の関係を解き明かすシリーズ。

◆本シリーズの各巻は、上記プロジェクト主催の連続公開講座『ユーラシア農耕史 ―風土と農耕の醸成―』の
シンポジウム・対談収録、および対談参加者の書き下ろしにより構成されるものです。

2010年1月全巻完結
■四六判上製・平均260頁/全5冊揃 本体14,200円+税

 

第4巻 『さまざまな栽培植物と農耕文化』
佐藤洋一郎 監修・木村栄美 編  本体3,000円+税

 農耕の場における生物多様性 (佐藤洋一郎)
 農耕と文化の伝播
   T.南の農耕 (高宮広土=札幌大学国際学部教授)
    U.北の農耕 (山田悟郎=北海道開拓記念館元学芸部長・椿坂恭代=札幌国際大学客員研究員)
  ユーラシアのメロン仲間の系譜 (藤下典之=元大阪府立大学教授)
  焼畑の生業サイクルと根菜類の貯蔵システム -パプアニューギニアの事例にみる「農耕社会」の多様性
                                    
(細谷葵=総合地球環境学研究所プロジェクト研究員)
 アジアのマメとアジアの雑穀 
   T.アジアのマメ (柏木純一=北海道大学大学院農学研究院講師・小畑弘己=熊本大学文学部准教授

    U.アジアの雑穀 (竹井恵美子=大阪学院大学流通科学部教授)
  照葉樹林文化論再考 (山口聰=玉川大学農学部教授)

 
  【コラム】
 ・深泥池から見る京都の古文化 (光田重幸=同志社大学理工学部准教授)
 ・ぼくとメロン -メロンが語る農耕史 (田中克典=総合地球環境学研究所プロジェクト研究員)
 ・ヒョウタン -実用と象徴の文化史 (湯浅浩史=東京農業大学農学部教授)
 ・日本列島におけるカブとダイコンのなりたち 
(山岸博=京都産業大学工学部教授)
 ・中尾佐助の「紙のタパ説」再考 (坂本勇=元吉備国際大学教授)
 ・東西の中の東洋の喫茶文化 (木村栄美=総合地球環境学研究所プロジェクト研究員)

ユーラシア農耕史4  ISBN978-4-653-04044-6


臨川書店トップページ      ユーラシア農耕史全5巻 詳細