総合地球環境学研究所「農業が環境を破壊するとき」プロジェクトの成果を中心に、
ユーラシアの1万年におよぶ農耕文化と環境の変化の関係を解き明かすシリーズ。

◆本シリーズの各巻は、上記プロジェクト主催の連続公開講座『ユーラシア農耕史 ―風土と農耕の醸成―』の
シンポジウム・対談収録、および対談参加者の書き下ろしにより構成されるものです。

2010年1月全巻完結
■四六判上製・平均260頁/全5冊揃 本体14,200円+税

 

第5巻 『農耕の変遷と環境問題』
佐藤洋一郎 監修・鞍田 崇 編 
 
本体2,800円+税

 農耕と環境の関係一万年史 (佐藤洋一郎)
 利器としての火 ―狩猟採集から焼畑農耕まで (小山修三=吹田市立博物館館長)
  水田稲作の原風景 ―中国古代の出土文物から  (渡部武=東海大学文学部特任教授)
  農業と雑草 (冨永達=京都大学大学院農学研究科教授)
  「農」の持続可能性 (佐藤雅志=東北大学大学院生命科学研究科准教授)
  あとがき (鞍田崇・佐藤洋一郎)

 
  【コラム】
 ・断続する農耕 ―池島福万寺遺跡の事例から (井上智博=大阪文化財センター副主査)
 ・農書にみる農業の姿 (佐々木長生=福島県立博物館専門学芸員)
 ・人の営みと自然の境界線
     
(アン・マクドナルド=国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット所長)
 ・ムギの栽培化と雑草 
(辻本壽=鳥取大学農学部教授)
 ・現代における焼畑の意義を考える (江頭宏昌=山形大学農学部准教授)

ユーラシア農耕史5  ISBN978-4-653-04045-3


臨川書店トップページ      ユーラシア農耕史全5巻 詳細