バブルと失われた20年

戦後日本を読みかえる6

坪井秀人編
四六判・上製・紙カバー装・帯付・総264頁
本体3,200円+税

ISBN978-4-653-04396-6


本当に〈戦後〉は終わったのか? グローバリズム、環境問題と食文化、人文学の危機、ポスト・フクシマといったキーワードから迫る!

<目次>
序 言 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・坪井秀人
第1章 序説:戦後日本の国民主義と人種主義・・・・・・・・・・・・・・・・酒井直樹
第2章 曲がり角の人文学知と日本の大学のグローバル化・・・・・・・鍾 以江
第3章 戦後民主主義の基底音を聞く ――矢部貞治の民主主義論を手がかりに
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・沈 煕燦
第4章 ポストバブルの「アブジェクト」 ――『キッチン』から『OUT』へ・・坪井秀人
第5章 笙野頼子「なにもしてない」論 ――〈中途半端〉の力学・・・・浅野 麗
第6章 失われた「戦後」をたどり直す ――オキナワとフクシマからの問い
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・朱 恵足
第7章 プレカリ化する日本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シュテフィ・リヒター

●編者・執筆者 (執筆順)   ※所属は2018年刊行時のものです

坪井秀人(国際日本文化研究センター教授。日本近代文学・文化史)
酒井直樹(コーネル大学比較文学科・アジア学科、ゴールドウィン・スミス記念基金教授。比較文学、人種主義・国民主義研究、日本研究、アジア地域研究、翻訳論、記号論研究)
鍾 以江(東京大学東洋文化研究所准教授。日本近現代史、宗教と世俗性)
沈 煕燦(立命館大学衣笠総合研究機構客員協力研究員。日韓近代思想史)
浅野 麗(亜細亜大学経営学部専任講師。日本近・現代文学)
朱 恵足(台湾:中興大学台湾文学とトランスナショナル文化研究所副教授。台湾文学、沖縄文学、比較文学)
シュテフィ・リヒター(ライプチヒ大学主任教授。日本思想史・文化史)

「戦後日本を読みかえる」全巻紹介ページ

臨川書店ホームページへ

e-mail: kyoto@rinsen.com