ネット書店で購入

Amazon
honto
e-hon
紀伊國屋書店
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
楽天ブックス
Honya Club.com
TSUTAYA online

寺院文献資料学の新展開 全12巻
第1巻 覚城院資料の調査と研究Ⅰ

中山一麿監修・編 【呈内容見本】
菊判・上製・布クロス表紙・カバー装・本文総448頁
18,000円+税
 ISBN978-4-653-04541-0

 中央の主要寺院との関わりの中で注目される地方寺院の悉皆調査の成果を、論文および資料翻刻・解題により紹介。個々の資料分析にとどまらず、長きにわたって各寺院の経蔵に蓄積・伝存してきた聖教類の集合体としての意味を問うとともに、10カ寺近くに及ぶ寺院調査の成果を横断的に考察し、寺院間ネットワークの実態を明らかにする。
 第一巻は、尾張真福寺・紀州根来寺との繋がりが明らかになった香川覚城院の所蔵資料紹介と、その伝来の意味を解説。カラー口絵7頁。

〈収録内容〉
総論(中山一麿)
論文篇
 第1章 覚城院蔵中世期血脈軸三点について
     ―「頼淳・増喜血脈」・「野沢十二流血脈」・「地蔵院流血脈」(中山一麿)
 第2章 「覚城院宛増吽書状(二月三日付)」について
     ―熊野参詣記事に注目して(川崎剛志)
 第3章 覚城院聖教(第四番函収納)における伝領墨署(書)名の位置に 関する一考察(牧野和夫)
 第4章 『安居院憲基式口決聞書』について(落合博志)
 第5章 伝憲深撰『醍醐三宝院大事』をめぐる問題(高橋悠介)
 第6章 蔵書から見る覚城院周縁
     ―主要な僧と関連寺院について(平川恵実子)
 第7章 覚城院所蔵文献と地蔵寺所蔵文献
     ―蓮体を起点として(山﨑 淳)
 第8章 金光寺僧行範の修学
     ―覚城院蔵金光寺旧蔵聖教を中心に(柏原康人)
 第9章 覚城院所蔵の神道関係資料について(鈴木英之)
 第10章 栂尾祥雲の蔵書について
     ― UCLA栂尾コレクションと『栂尾蔵書目録』との関係から(幾浦裕之)
資料紹介
 『事相聖教目録』翻刻・解題(伊藤 聡)
 『当寺鎮守青龍権現習事』翻刻・解題(伊藤 聡)
 『当山聖教目録』翻刻・解題(木下佳美)
 『香積山中興慧濬和尚伝』翻刻・解題(向村九音)

<編集委員>(掲載順)  所属は2019年10月現在
中山一麿 大阪大学文学研究科招へい研究員
川崎剛志 就実大学人文科学部教授
牧野和夫 実践女子大学名誉教授
落合博志 国文学研究資料館教授
高橋悠介 慶應義塾大学附属研究所斯道文庫准教授
平川恵実子 四国大学・鳴門教育大学非常勤講師
山﨑 淳 武庫川女子大学教授
柏原康人 大阪大谷大学・園田学園女子大学非常勤講師、園田学園女子大学社会連携推進センター学術研究員
鈴木英之 北海学園大学人文学部准教授
幾浦裕之 国文学研究資料館情報事業センター国際連携部機関研究員
伊藤 聡 茨城大学人文社会科学部教授
木下佳美 大阪大学大学院文学研究科特任研究員
向村九音 桃山学院大学共通教育機構契約教員

「寺院文献資料学の新展開」全巻紹介ページ

出版物・新刊案内へにてご

臨川書店ホームページへ

e-mail: kyoto@rinsen.com