トップページへ

豊臣時代から徳川初期に生きた公家・西洞院時慶(にしのとういんときよし/天文21〜寛永16)の 自筆日記を校訂、翻刻。
天正15年
(1587)から寛永16年(1639)までのうち約17年分が残されている。
医者であり、有名な歌人でもあった時慶の日常生活や、社交場としての禁裏御番の様子、禁裏や本願寺、大坂城 、公家、連歌師と幅広い交際ぶりがつぶさに伺え、内容も政治・経済・社会・宗教・文芸・身辺雑記や気候・天変地異(地震)の記録と多岐にわたる。
また、ひな祭りや阿国歌舞伎の最古記録としても名高く、動乱の時代を様々な角度から知ることのできる好資料である。


翻刻にあたっては宗教法人本願寺および天理大学附属天理図書館所蔵の自筆原本を底本に使用、これにより内閣文庫本での書写の不備が大きく改善される。
原本の剥落・落丁は内閣文庫本をもって補った。
主要な記事、注目される用語などを頭註として掲げ、また人名には傍注を付し利用者の便を図った。
各巻末には詳細な人名索引を付す。

【本文見本】

体裁/A5判・上製・函入・モノクロ口絵付  
【本文=翻刻・頭註/付人名索引】 全10巻
 セットISBN978-4-653-03760-6

第一巻
 天正15年、19年・文禄2年 本体9,000円+税 ISBN978-4-653-03761-3
第二巻
 慶長5年、7年 本体8,000円+税 ISBN4-653-03762-0
第三巻 慶長8年、9年 本体8,400円+税 ISBN978-4-653-03763-7
第四巻 慶長10年、14年 本体8,800円+税 ISBN978-4-653-03764-4 
第五巻 慶長15年、18年 本体11,000円+税 ISBN978-4-653-03765-1

 
 


第六巻 慶長19年・元和4年
第七巻 元和7年・寛永5年
第八巻 寛永6年・寛永9年
第九巻 寛永14年・寛永15年
第十巻 寛永16年・総索引

●詳細内容見本ご請求ください●
株式会社 臨川書店
kyoto@rinsen.com